あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

褐色の肌を持つ人々

今週、クラスに褐色の肌を持つ端正な顔立ちの青年が加わった。

大学時代の4年間はマレーシアで過ごし、タイに遊びにいくのがお気に入りだったと言う。

週の半ばに隣の席になった。授業中に携帯でテトリスのようなパズルゲームをやっている。ペアワークの際にどこの出身かをきいてみたら、バーレーンと答えた(気がする。レバノンだったか?)

それで、ああ、イスラム教ならマレーシアの大学というのも納得だと思った。

 

私にもどこの出身か訊いてきた。「日本だよ」と答えながら、「ああ、SUSHI大好き」的な反応がいつものように返ってくるかと思っていたら。

「マレーシアだと思ってた。ほら、中国系とかいろいろいるし」と言われ、予想外だったので笑ってしまった。だったら、中国出身と普通に考えそうなものだが。彼の中でアジアといったらマレーシアなのかもしれない。

 

褐色の肌と言えば、地下鉄のホームで、時々モデルのように洗練された美しい黒人女性をみかける。昨日みかけた人は、クリーム色のコートがよく似合っていた。さすがロンドンは都会だなと思う。 

 

newsphere.jp

 

f:id:arubekiaji:20171111220823j:plain

 

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.