あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

「Life is Beautiful」の舞台となった街の奇想天外な伝統レシピ

今週のお題「ふつうに良かった映画」

Facebookで、お気に入りの映画として挙げている人が相当多いと思われる「Life is Beautiful」がふつうに好きだ。

イタリアでDVDを買ってきた。

f:id:arubekiaji:20150219234512j:plain
vitaは人生でbellaは美しいの意味。英語のタイトルは、まんまである。

この映画は、どんな境遇であってもユーモアを忘れないこと、家族愛の大切さを改めて教えてくれた。

舞台となったアレッツォの街は、トスカーナにある。

映画のロケに使われたポイントをみたり、骨董市をのぞいたりしながら、ほのぼの過ごした。映画のとおり坂が多い街だった印象がある。

 料理学校で、アレッツォの郷土料理として教わったのは、鶏肉、うさぎ肉、豚肉、仔牛肉といった4種類の肉をトマトで煮込むという奇天烈な料理。

この映画の監督かつ主人公であるロベルト・ベリーニのセンスに通じるところがあるのではないかと思った。全部入れてみちゃいました的な。

それぞれの肉のうまみが合わさって出るコクを、トマト系のベーシックな味わいで支える冬のレシピ。

 

SCOTTIGLIA(スコッティーリャ)

 

材料

  • 丸鶏 1/2
  • うさぎ 1/2
  • 豚肉 300g
  • 仔牛肉 300g
  • トマト缶 500g
  • 玉ねぎ(小さめ) 1個
  • セロリの茎(小さめ) 1本
  • 人参 1本
  • にんにく 2片
  • オリーブオイル 200cc
  • 赤ワイン 200cc
  • 赤唐辛子 適量
  • フランスパン(実際はトスカーナのパン)スライス 人数分
  • ブイヨン

 

うさぎを家で飼っているのに。。と一瞬戸惑いながらも、うさぎ肉をカットしたメキシカーナたち。

食べるときは躊躇なかった(笑)

f:id:arubekiaji:20150219225951j:plain

  1. 大きななべ(テラコッタのものがベター)にオリーブオイルと玉ねぎ、セロリ、人参、にんにくをみじん切りにしたもの入れて炒める。
  2. 柔らかくなり始めたら、食べやすい大きさにカットした肉を入れる。最初は低温で火を入れていき、その後温度を上げて、外側をローストする。
  3. ワインを入れて、沸騰させてアルコールを飛ばす。
  4. トマト缶をフードプロセッサーで裏ごしして加える。
  5. 塩をする。必要に応じて、あたためたブイヨンを加える。
  6. パンをスライスしてから焼き、にんにくをこすりつける。
  7. ボウル状の皿の底に置き、上から5をかける。

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.