あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

偏愛なる変化球レトルト! デリー コルマカレーとロイヤルホスト カシミールカレー

この世で一番好きなカレーは、S&Bディナーカレー辛口を使った、知人がつくるもので、欧風カレーにカテゴライズされるであろうもの。年に1回食べられるかどうかという。
 
それでも、昨年の夏に憑りつかれたように食べていたのは、このふたつ。
食欲不振という壁をいつも軽々越えてきた、頼もしき個性派カレーだ。
f:id:arubekiaji:20150212185200j:plain
そしてまたその波がふたたび。今晩コルマカレーを食べ、明日の朝は残りのコルマカレーとカシミールカレーを食べ比べるという夢のようなプランが待っている。
 

デリー コルマカレー

湯島のデリーでデリーカレーを食べたときはぴんとこなくて、お店にいったことも忘れていたけれど。成城石井でこのカレーを買ってみて、食べたときはおいしさにぶっとんだ。にんにくカレーといったパンチの効き具合なのだ。こんなにとがっていてうまみも濃いレトルトカレーがあるのだなとおもった。そして、つい黙るほどの辛さ。辛さ星二つを甘く見てはいけない。
 
ためしに、おなじシリーズのインドカレー(星3つ)やカシミールカレー(星5つ)も食べてみたけれど、コルマほどのインパクトはなかった。
 
これは具の入っていないカレーソースだ。2人分とあるが3人前はある。煮立てると風味が飛ぶので注意と書かれているので、いつも加熱時間には気を付けている。
また、へたに具を入れてしまうと味が薄まるので、決して具を煮込むことなかれ。せいぜい肉を焼いて、その上にカレーソースをかける程度でいただくがよろし。
 

ロイヤルホスト カシミールカレー

はじめて食べたときは、黒い水のようで、あっさりしていておいしくないと思った。その後いただきもののレトルトを食べてみて、ようやくその魅力に気づいた。

お店では、ソテーした野菜が入るから味が薄まるのだ。これを回避するには、お店では野菜は別皿でとオーダーすること(上司の編み出した裏技)。

 

カシミールカレーは、入り口が狭いけれど、中が広い建物を思い起こさせる。一口目より、二口目。よくよく味わってみると、スパイスとうまみの層のあつみを感じる。

本家はデリーのカシミールカレーらしいが、こちらのが広がりがある。

 

ストイックなほどの辛さも魅力。それを緩和させたい場合は、あえてパウチをボイルする時間を長くするのも手(上司談)。私は正攻法でいくが。

 

基本的には夏のカレーフェアでしか食べられないが、今時期でも食べられるお店があるそう。


夏限定のロイヤルホスト"歴代人気No.1カレー"を1年中食べられる店があった! | マイナビニュース

 

でもレトルトがおすすめ(笑)

 

 

www.arubekiaji.com

 

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.