あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

エンドレス芋けんぴ「九州の芋けんぴ(缶入り)」

先日取り寄せた干し芋を、母が伯父に届けた時にいただいてきた芋けんぴ
奇しくも芋菓子の交換となったわけだが、これがまた絶品で。
f:id:arubekiaji:20150117170431j:plain
1キロ入りの缶に入ったものだったので、こんなに食べきれない。。とひるんだものの。どうしてどうして。
 
朝夕の食事のあとに3人と犬1匹で黙々とたべる。開封して1週間、終わりかけている。そして今も、湿気ずにおいしいまま。
 
芋けんぴって甘すぎたり、堅くてつらかったり、焦げていたりしてハズレが多く、少し苦手だったけれど。
 
これは甘すぎず、味が薄すぎず適度で。堅すぎず、歯切れが悪いことはなく、しっかりカリカリで。いい塩梅。もちろん自然の芋なのでところどころ酸味が強いようなのもあるけれど、率が少ない。
 
そして気に入っているのは、長いスティックが結構あること!マックのポテトで長いのがあるとうれしいように、長いのから食べていく。
 
商品は生協の「九州の芋けんぴ」。一流好みの伯父が、食べたら美味しかったからと一人暮らしなのに自分用に買っていたものを分けてくれたよう。生協、やるなあ!
一般的な袋入りも売っているのでお試しあれ。
 
この1週間は芋三昧。自然な甘さの干し芋と、芋けんぴが止まらない。
伯父は干し芋が好きで、渡したものがいままで食べてきたなかで一番美味しかったといっている。
 
さつまいもは繊維質が豊富なので、おなかの調子がよくないときは食べ過ぎにご注意を!

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.