あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

行列のできる卵屋さん「寿雀卵(じゅじゃくらん)亅

行列のできる卵

一昨日、たまごがけごはん専用の卵というふれこみで、父が知り合いからいただいてきたのが、寿雀卵(じゅじゃくらん)亅という凄い名前の卵。

 

不思議なもので、その翌朝、母は近所の方と立ち話をしていたら、こんな話をされたという。

 

「お正月は寿雀卵という伊勢原の卵で伊達巻をつくったの。子供たちがそこの卵じゃないとたべないのよー。亅

 

きけば朝5時に並んで買うという、有名な卵らしい。テレビで紹介されて、入手が困難になったと。

 

調べてみると、餌が独特で、魚介や海藻、貝を混ぜた飼料を食べ、大山の麓で暮らす鶏が産む卵。

 

実際、驚くほど黄身が濃いオレンジ色!

f:id:arubekiaji:20150108084243j:plain
これは今朝撮った写真。今日の時点でも白身がプリプリしている。
 

黄身は箸でつまめるほどの弾力と知り、やってみたけれど、少し日が経ったせいか失敗。

 

肝心のお味は・・・。一昨日から毎日たまごがけごはんにしているが、実のところ、とりわけ濃厚だというのが、イマイチ分からず。

 

今朝改めて味わおうとしたけれど、ベースが玄米ごはんだったので、さっぱり分からなかった。

 

注:なぜ当時こんなコメントを書いたか謎ですが、その後卵がけごはんをするたびに、濃厚だと感じていました。

 

近所の子供の味覚に比べ、鈍感なのだろうかと少し心配(笑) 会社に行けばたまごがけごはんの話題がでるし、シンクロシ二ティが続く。

 
今朝のあさイチも卵の話題。冷凍卵の特集をやっていた。
 

冷凍卵

はじめて知った冷凍卵。そのまま冷凍するだけで、味噌漬けにしたように黄身がもっちりねっとりするそう.殻をむいて、40分解凍するとそのまま食べられると。解凍しても、黄身がこんもりと立っていた。冷凍すると、膨張して殻が割れて白身がはみ出すが、それは全く問題ないらしい視聴者からのファックスで、スーダンでは卵は冷凍、というのが有働さんに読み上げられていた。視聴者からのファックスで、こんなにへえー!!と思ったものも珍しい。 食べ方としては、そのままでもいいけれど、他に紹介されていたレシピは以下の通り。
 
  • 醤油や出汁に20分漬けておにぎりの具にする。普通の醤油漬けは2日かかるけど、冷凍によって膜に穴が空いて染み込みやすくなる
  • 冷凍したまま天ぷらにして上下160度で3分ずつ揚げる
いずれも是非試してみたい。
わたしだったら、トマトソースに入れたい。また、茶碗蒸しの具もいいかも。たまごinたまごでおもしろいのでは?!
 
そもそも保存のために始めたであろう冷凍卵。冷凍すると数か月もつとか。もちろん生で食べるし早めのほうがよいとのことだけど、びっくりした。

家に帰ったら、さっそく冷凍庫に卵を移そう。

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.