あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

ハイレベルおつまみ ~炙りかき~

朝から大掃除で、ちゃちゃっと炒飯な昼ごはん。
お茶をのみながら、ふと棚に目をやると、ピントが合ったのがこちら。
f:id:arubekiaji:20141230225804j:plain
大切に味わおうと思っていたら、すっかり存在を忘れていた。

成城石井でアーモンドを買い出ししたときに、レジ前のつまみコーナーにあったのを連れてきたのだった。

 

www.arubekiaji.com

 

 

かわきものは、栄養価が高い割にローカロリーなものが多いので、必ず新顔をチェックしている。前回は、買い過ぎていたのでスルーしたが、今回は購入。

 

割とおおぶり!そしてやわらかい!ので、つまようじできれいに捕まえるのが少し難しいほど。

f:id:arubekiaji:20141230225817j:plain
食べると、まんま、牡蠣!
これぞ牡蠣!というような、どストレートな牡蠣味。
一緒に食べた家族も、「牡蠣だね!」と言っていた。
 
レトルトパウチの保存技術はここまで上がっていたのか。。
あまりにジューシーなので、もう、調理したてのお惣菜として出されても、わからない。それくらいのもの。
仕上がりは、炙りというより、しょうゆ煮に近いかんじかもしれない。
 
5、6粒入りで、あっという間にたべおわった。
  
牡蠣といえば、先日広島の友人が、緑の牡蠣の話をしていた。プランクトンをいっぱい食べて、ボディが緑色になった牡蠣が、すっごい美味しいと。
1~4月くらいであれば食べることができると。
 
カニよりエビよりカキが好き!
花粉症のように一定量を食べると当たりやすくなるときいたけれど、本当だろうか。
今はそんな噂を忘れて、広島旅行を実施することを心に誓う。

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.