あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

これなしでは万事休す! 通販生活の「正直急須」

見た目はとても地味である。大分くたびれてきたし。
それでも、これなしでは生きていけないからだになってしまった。
f:id:arubekiaji:20141229220737j:plain
通販生活の正直急須。
 
これで淹れたお茶はスッキリして、かつ旨味がしっかりしている。渋味もいい具合にあらわれる。
 
同じ茶葉を使って普通の急須で淹れたものは、水っぽくて大味だと感じてしまう。
 
なにが違うのか?
最後の一滴まで絞り切れるのがウリである。注ぎ口に穴がたくさん開いていて、その裏側で茶葉を堰きとめる。金属を使っていないので、余計な臭いもしない。
(相当使い込んだ写真で失礼!しかもいくつかの穴には茎が・・・。)
f:id:arubekiaji:20141229231910j:plain
こういうつくりであるから、搾り切るのに多少時間がかかるが、その手間をもってしてもあまりある美味しさ。
 
お茶の美味しさは、茶葉と同じくらい、道具に左右されるのだなぁ。お湯の温度をないがしろにしてしまっているが、割と問題ない。
 
サイトをみると、ときどき、予約受付中になっているので、二代目やプレゼント用を自宅にストックしておいたほうがいいかと考えるほどの逸品。

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.