あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

スモークサーモンのヘルシンキ風は脳天しびれるおいしさ!

安くておいしすぎるバルト三国を抜け、船でフィンランドに渡った日は、この国の良さがわからなくて、物価の高さに心がすくんでいた。

これは来てよかった!!と思えたのは次の日の夜このレストランに来てから。

f:id:arubekiaji:20141224211316j:plain

KAPPELIN SALI (外観がとても美しいレストラン。カフェ併設)

http://www.kappeli.fi/index.php?id=23

 

白ワインと魚のアソートをオーダー。

そして、はじめて食べるおいしさに、うっとりしていたのが、スモークサーモンのムース。(丸で囲ったもの)

濃厚でクリーミーな中に酸味が効いて、サーモンの少しぼそぼそとした食感がたまらない。いつまでも味わっていたくて、少しずつ少しずつ掬っては口に運んでいた。

今日はこのレシピをご紹介!

f:id:arubekiaji:20141224211921j:plain

ちなみに、右上のピンクはおなじみのスモークサーモン。

手前の魚は、骨まで柔らかな燻製のにしん。これも美味しかった!

左下はスクランブルエッグで、ディルと酢のドレッシングがマッチしていた。

その上は冷めた焼き鮭といったところ。

 

お値段は、2012年で、このお皿が16ユーロ、白ワインが7.5ユーロ。

 

さてつくりかたを。店員さんから教えてもらったつくりかたで再現してみた。

 

スモークサーモンムース

 用意するものはこの3つ

 

 つくりかた
  1. ボウルにサワークリームとバターを入れておく。
  2. もし加熱したタイプのスモークサーモンがあればそれを使うが、日本では手に入りにくいので自分で火を入れる。フライパンにスモークサーモンを並べて火を入れて、軽く火を通す。フライパンに接している側が乾くぐらい。くっつきやすいが、フライパンからこそげおとすように、木べらではがしつつ、同時に細かくほぐすと一石二鳥。(レンジで加熱して手で裂いてもOK)
  3. 1の中に2を入れて、余熱でバターを融かしながら木べらでよく混ぜる。混ぜていくうちに、自然とまとまる。

f:id:arubekiaji:20141224211344j:plain

ヘルシンキの写真と色合いが違うのは、現地では加熱タイプの色が淡いものをつかっているから。

 

クリスマスに、またお正月にも、変化球の一品としておすすめ!

 

さらに、茹でたじゃがいもに載せて食べるのも是非試していただきたい。両親がやみつきになったので、60-70代にもウケがいい味!

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.