あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

もう一度食べたい! たっぷりトマトソースがかかったイカの詰め物(シチリア)

シチリア南部に位置する世界遺産の町アグリジェント。古代ギリシアの植民都市で、神殿の谷と呼ばれる遺跡群が今も残る。

f:id:arubekiaji:20141217084302j:plain

夕食は、宿からほど近い、丘の上のOsteria ex Panificio(オステリア・エックス・パニフィーチョ)に決める。店名は、元パン屋の居酒屋というところ。

 

到着すると既にテラスまで賑わっている。店員は皿を運ぶのに忙しく、なかなか声をかけてこない。しばらく放っておかれた後、険しい表情で、席に案内された。

おすすめをきいて、イカの詰め物と、カポナータ(野菜の揚げ煮)をオーダー。

 

イカの詰め物はこちら。トマトソースの海に横たわっている。

f:id:arubekiaji:20141217083757j:plain

柔らかいイカの胴体には、パン粉、粉チーズを牛乳でまとめたものが詰められ、ゲソも入って食感に変化を与えている。

 

うまみたっぷりの濃厚トロトロトマトソースがとても合う。ソースに甘みがあるのも大切なポイント。

そして、特筆すべきは、この水玉模様のようにかかる、バジル香るソース、ジェノベーゼ。これが入るとびっくりするほど美味しくなる。

舌に神経を集中させ、トマトソースだけをかけて食べたり、ジェノベーゼを合わせたり、トマトソースだけを味わったりしていると、あっという間に食べ終わってしまった。

 

カポナータはケイパー、セロリが効いたタイプで、なす、たまねぎ、トマトで構成。そしてこれにもジェノベーゼがかかっている!いろんなところでカポナータを食べたけれど、ソースがかかっていたのはここだけ。ありそうでなかった大発明。

 

今後、トマトものをたべるときは、ジェノベーゼは必須だと思ったくらい、静かに一人しびれていた。

 

そのわりにお会計は18ユーロ。ワインは禁酒期間で飲んでない。

ちなみに気軽なお店では、ワインはとても安い。1ユーロの店に入ったこともあるほど。

 

店員の態度は悪いけど、味はとびきり!と気分良く店を後にした。

 

Osteria ex Panificio

毎日営業 12:30~14:30、19:30~22:30

(一部英語のサイト)

http://www.osteriaexpanificio.it

 

 

www.arubekiaji.com

 

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.