あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

イタリア流 酔っぱらい撃退法

フィレンツェの歴史地区(通称チェントロ)は観光エリアのため、夜になると騒がしい。週末になるとご多分に漏れず、ボリュームが一層上がる。

 

窓を閉め、さらに木の雨戸を閉めるのがデフォルトで、それでも1階にある居酒屋の喧騒が4階の部屋までまっすぐ上ってくる。暑くなると、風を求めて窓を開けて大音量を耳にするか、汗がにじむなか少しでも静けさをとるか、悩ましい。

 

そんな6月の月曜に学校から帰ると、大家さんのマリアがワクワクした顔で話しかけてきた。

「昨日はとりわけうるさかったでしょ、ロマーノが1階のテラス席でビール呑んで騒いでいたアメリカ人観光客に、生卵を投げつけてやったの!しかも古いやつ。」

「え?本当に?!その卵どうなったの?」

「胸元に命中!白いシャツがだらーっと黄色になった!一緒にいた犬もびっくりして、ワンワン騒いじゃって(笑)それから静かになった。」

おどけて犬のまねをする。

マリアが70歳の夫の武勇伝を、目を爛々と輝かせながら語る姿に笑った。

 

今まで気づかなかったけれど、ほかのフロアでパーティーをしていれば、ドアをドンドンドンドン!と叩いて抗議していたらしい。卵のほかに大量の水を下にいる客にかけたこともあるそうだし、警察呼んで、居酒屋が罰金払う羽目になったこともある。

 

ロマーノ、ふだんはもの静かだけど、そこにはやはりラテンの血が流れている。

 

4階からだと、卵が当たると結構痛かっただろうな。

f:id:arubekiaji:20141216205154j:plain

 

 

 

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.