あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

バルト三国はうますぎたその1 リーガ

半年以上過ごしたイタリアを出て、向かった先はバルト三国のまんなかの国ラトビア

 

8月中旬のローマでは暑さにひいひい言っていたのに、リーガの空港に着いた途端、秋の気配を感じまくる。空港では物価が高そう?と心配したが、街へのバスが無料だったことにも軽く混乱。そんな街ははじめて。

 

この国には赤信号の横断は罰金というルールがあるので、気を引き締めて歩く。イタリアとはまるで違い、白っぽい金髪(プラチナブロンド)の美女がそこらじゅうにいる。ロシア系だろう。美人の割合が高すぎるので、世界基準でみて美人なのにふつう扱いされていたり、自分でも美人という自覚がない人が多いのではないかと、心配してみる。

 

クールな店員が多く、エレベーターのドアに私をはさんでおいて謝らない人も(笑)

 

納得できない想いをかかえたまま、レストランに入る。

 

この夕食が予想外においしすぎて、一気にぐいんと最上級に幸せな気分に!

f:id:arubekiaji:20141126220443j:plain

   Domini Canes  ビール含め8.08LVL(2012年8月時点で1,153円相当)

 

スペアリブのちょっとスパイシーなグレイビーソースがけ。ズッキーニ、トマト、チーズ、じゃがいものオーブン焼きもすべて美味しすぎて!

 

評判はよかったものの、気楽なレストランでこの味とは。。イタリアよりよっぽど平均レベルが高いのかも。料理留学は、こっちですべきだった?!と考えるほど。

 

実は、ラトビアは美食大国として有名らしい。ドイツ・スウェーデン・ロシアなどに支配された歴史から、これらの料理がうまく融合したとのこと。スパイシーなグレイビーソースの深みは、こういった背景でうまれたのだろう。

 

予想外の美味に出会い、格安なことを喜び、またイタリアを出た感慨で気分が高まり、余韻をたのしむためにワインを買って部屋に帰った。

 

 

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.