あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

それだけでおいしいの?!フィレンツェの旦那さんの得意料理

フィレンツェで部屋を間借りしていたアパートの大家さんは、旦那さんが料理担当。奥さんが料理が苦手だから、結婚当初から旦那さんがつくっているときいた。

 

シチリアでホームステイした家でも旦那さんがつくっていた。イタリアの、得意な方がやるというスタンスが気持ち良い。

 

フィレンツェの旦那さんロマーノは、買い物にいくときは超小型車でスーパーへ。いつもびっくりするほど買ってくる。特にフルーツが大量で、こんなに食べ切れるのかといつも勝手に心配していたくらい。保存の利くものは、夏の間こしらえたトマトソースの瓶詰などと一緒に、ぎっちりきれいに食納庫に並べていた。

 

その代わり、奥さんのマリアはキッチンを毎日モップがけして、きれいに保っていた。この写真はテーブルの上がパンくずでいっぱいだけど、食後は片付く。

f:id:arubekiaji:20141123202216j:plain

あるときキッチンにいくと、ロマーノがこれから得意料理をつくると、マリアが言う。

 

大量のなす、にんじん、ズッキーニ、玉ねぎ、これらをすべてゴロゴロなカレーの具のサイズに切る。それを、水とオリーブオイルで煮るという、ミニマルなつくりかた。

 

え?!塩さえもなし??これでどうなるのだろう、と思ったが。

 

出来上がったものを分けてもらって恐る恐る食べたら。

 

あら、美味しい!なんだろう、これは。野菜を単に茹でただけでは、ともすれば水っぽい味になるところ、オリーブオイルが入っているせいか、旨味がある。さらに塩気を感じないこともない。これもオイルのせいだろうか。

 

いくらでも食べることができて、からだも喜ぶ一皿。もし気に入らなくとも、ほかの味付けで挽回でき、試しても損がないのでぜひ。

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.