あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

イギリス

おひとりさまの海外自炊でラクチンな主食

お米を鍋炊きするのは蒸らしを含めて25分以上かかるし、パスタは茹でるのが面倒だったり、そんなにお腹が待てないときがよくある。 トルティーヤ 日本でも珍しくはなくなったラップサンド。 それに使うトルティーヤが便利。とうもろこしの粉でつくった黄色い…

ロンドンの秋葉原トテナム・コート・ロードで液晶ディスプレイを買う

今日は憧れだったデュアルディスプレイがついに実現! ノートパソコンの画面が小さいジレンマ ノートパソコンの画面が小さくて、いつも作業しづらいと感じていた。特に高さがないのが不便で。でもディスプレイを追加してしまうと、ポータブル性が無くなり、…

虹とたくさんの白い服の人たちと

語学学校でやったグラマーのテストがやたらトリッキーで、こんなんで実力が測れるのか?なんてもやもやしながら外に出たら、写真を撮っている人たちがいたから振り返れば虹! イギリスではよく虹をみかける。雨がよく降るせいか。 そして、白に統一してドレ…

イギリスの語学学校のクラス分けテスト

今回の語学学校では、入学時のクラス分けテストをオンラインで回答する方式を取っている。 入学前に回答するようにというメールが来たのを道端で確認した。 そのときフィレンツェにいて。Wi-Fiが使える飲食店をみつけたので、ランチが来るのを待ちながらテス…

スーツケースに重いものを入れた移動が続いた結果

ちょっと年期が入っていることが写真からお分かりいただけるであろうスーツケース。ボディ自体が超軽量で、重いものを入れる想定ではなさそうなつくりだった。 電車やバスの乗り降り、階段の上り下りに20キロの荷物を入れたまま持ち上げることが続いた結果、…

イギリス入国審査 2回目の短期学生ビザ(Short-term Study Visa)

昨年の9月1日に初めて短期学生ビザを取り、今年の9月8日に2回目の短期学生ビザを取得した。ちなみに、その間、今年の7月17日にも3日間、観光ビザで入国している。 www.arubekiaji.com ガトウィック空港での入国審査 今回はガトウィック空港から入国。Non-EU…

Weston-super-Mare ウェストン=スーパー=メアというところ 

ウェールズにほど近い、ブリストル海峡沿いの小さな町、ウェストン=スーパー=メア。「Weston-super-Mare」って名前がつながっているのも珍しい。 フラワーアレンジメントの勉強で昨年2週間過ごしたほのぼのした街。ロンドンでもみかけなくなったような、パ…

恥ずかしかった話で恥ずかしい思いをしたこと

語学学校の授業で、今までで恥ずかしかったことをお題にスピーキングのレッスンをした日のこと。 私は、お手洗いを済ませたあとに、しっぽが出ていますよ、と言われたことがあるという話をした。 いつも便座にトイレットペーパーを敷いているのだが、それを…

イギリス入国審査 短期学生ビザ(Short-term Study Visa)と4か月後の再入国

世界一厳しいと言われるイギリス入国。そのためにひどく心配したことが2回あったので、そのときの記録を。 短期学生ビザ イギリス入国審査への募る不安 心配した要素 いざ入国審査へ 4か月後の再入国 心配した理由 スタンステッド空港にて 短期学生ビザ イギ…

映画「ホリデイ」のように、休暇の間家を交換する「ホーム・エクスチェンジ」をすること

家の交換をして楽しむ休暇 映画「ホリデイ」を観たことがあるだろうか。 ロンドン郊外に住むアイリス(ケイト・ウィンスレット)とロサンゼルスに住むアマンダ(キャメロン・ディアス)がインターネットのサイトを通じ、2週間の間お互いの家を交換することか…

潔癖ポイントは人によって違う

潔癖症と言うけれど、多かれ少なかれ、誰にでもある側面だと思う。 人によって、NGな局面が違うだけと言えなくもない。 潔癖の部分は誰にでもある 例えば、洗っていなさそうなシミだらけの布巾を使っている知人が、まな板の上に巻きすを敷くことを気持ち悪い…

ベジタリアンのパートナーはベジタリアン?

イギリスではベジタリアンの人が思ったよりも多くいた。また、菜食主義のパートナーにもいろいろなタイプの人がいることを知った。 彼女がベジタリアンの男性 結婚願望がない彼女と20年以上連れ添っている男性は、ベジタリアンの彼女と一緒に住み、同じ食事…

ケンブリッジの語学学校でみた各国の生徒の英語力の傾向と学ぶ姿勢

英語力は個人差が大きいと言えど、母国語の特徴などで語れる部分もある。そのため、以下国名と、アジアとヨーロッパに分けて気づいたことを書いてみる。 話す量がアジア人とヨーロッパ人では違う アジア人の英語力の特徴 ヨーロッパ人はスピーキングが得意 …

陽気なゲイのシリア難民 エピソード2

シリア難民というと、かわいそうな人、気の毒な人というイメージだろうか。 でも私の知人はケンブリッジで大分ハッピーに暮らしている。 www.arubekiaji.com 英語の知識が一般とずれている イギリスに渡ってきてから、1年間北部の教会で奉仕活動をし、語学学…

陽気なゲイのシリア難民 エピソード1

イギリスの語学学校で、21歳のゲイのシリア難民が同じクラスだった。最初彼がクラスに来た時、ずいぶん快活で、見栄えもするいい子が入ってきたなと思ったのだけど、一瞬だった。 中東の男性全般に言えることだが、すごくお喋り。彼の場合、喋りだすと止まら…

ヨークのフィッシュ・アンド・チップスのパッケージが美しい

昨日NewSphereに掲載されたイギリスの社会問題の記事。2ちゃんねるではこの記事をもとに、いろいろな人の意見が交わされていて、とても興味深く拝読。 newsphere.jp みんなイギリスはまずいまずい言っているけど、そんなにまずくもないし、特にフィッシュ・…

おばさんあるある

6パック入りのポケットティッシュ。こちらのものは紙ナプキンみたいな手触りなので、日本のティッシュの柔らかさを広めたくなる。 6個目にしてはじめて、正しい開封方法に気づく。それまで頭の部分を破っていた。ちょっと変だなと思ってはいたのだけれど。 …

イギリスの手洗い事情

不思議なのは、蛇口が2つ付いているパターンが多いこと。しかもお湯のほうは熱すぎる。注意書きにあるように。。。でも蛇口が離れているからミックスするのが難しい。 そして、注意書きに入れるべきなのが、時々水もお湯も勢いが強すぎて、手を洗う前に服を…

ロンドンのクリスマスの過ごし方。ヨガ・インストラクターの本音は?

ロンドンでは、クリスマス当日はお店がしまる。交通機関も止まる。割増料金のタクシーだけが走る。 一年で一番イングランドが静かな日。自家用車はがんがん走っていたけれど。 Airbnbのホスト、ヨガインストラクターのアナは、いい意味で自分の意見をしっか…

イギリスの生花でつくるアクセサリー 「ボタニカル・ジュエリー」

意外にも、イギリスはフラワーアレンジメント発祥の地である。 てっきりフランスだと思っていたので、知ったときは驚いた。 どんよりとした気候のなか、室内の色鮮やかな花に希望を見出していたとか。 ケンブリッジに素敵なフローリストをみつけ、特別にマン…

グーグル・エンジニアの新しい習慣を定着させる方法「30日チャレンジ」

自己啓発本が好きだ。ネット記事でも、好きなことを仕事にする、だとか、人生を変える、だとかいった見出しに目がない。 それにもかかわらず、結局なにも始めずにだらだらネットをみてその日は終了という日々が長年続いている。このままではいけない!明日こ…

海外の授業中の罰は?イギリス・シリア・中国・フランスの場合

語学学校の授業で躾についての話がでて、小学生のころ、悪いことをしたりすると、廊下に立たされていたという話をした。 海外での躾は? イギリスでは、教室の後ろで空気椅子をさせられると聞きジョークかと思った。 シリアでは、竹刀で手や足の裏を叩かれる…

イギリス流!しあわせになる方法

語学学校に通い始めて1か月半。今日は「幸福」について触れる授業がいくつかあった。 "Be happy"(しあわせになる)というタイトルのショートムービーをみる。これは、イラストレーターのMonicaによる、″A little book to help you live a happy life"(あな…

Airbnbで民泊するということ

昨年ミュンヘンで試して、なかなか!と思ったのがAirbnbを使った民泊。 この1か月でイギリス各地で3軒の家にお世話になった。 Airbnbを利用するメリット 割と有名なので知っている方も多いかもしれないけれど、良い点は以下の通り。 現地のリアルな住宅街…

エリザベス女王のローマの休日!映画「ロイヤル・ナイト」

土曜日、公開初日にイギリス映画、ロイヤル・ナイトを鑑賞した。 御歳90歳のエリザベス女王が19歳ののとき、初めてお忍びで外出したという史実に基づいたストーリー。リアル「ローマの休日」というふれこみも分かりやすく、存命・現役の厳格そうな女王の若い…

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.