あるべき味

イタリア・イギリス・ドイツ・日本でみつけた、どまんなかの味とへえー!を紹介

その他の国-グルメ

中国の家庭でつくる餃子

中国人によると、家で餃子をつくるときは、豚肉は塊肉を買ってきて、包丁で叩いてミンチにするらしい。 ひき肉を買ってくるのでは、風味が落ちると言っていた。 四川省の子と、南の方の子は、二人とも、家では必ずそうしているとのこと。 皆で水餃子をつくっ…

ヘルシンキのかもめ食堂

昨日アルプス食堂に行ったので、以前訪ねた「かもめ食堂」を思い出した。名前のテイストが似ている。どちらも色でいったら青系統で。 映画「かもめ食堂」はみていなかったけれど、小林里美がサンドウィッチを作るパスコの超熟のCMとあわせて雰囲気は掴んでい…

スモークサーモンのヘルシンキ風は脳天しびれるおいしさ!

安くておいしすぎるバルト三国を抜け、船でフィンランドに渡った日は、この国の良さがわからなくて、物価の高さに心がすくんでいた。 これは来てよかった!!と思えたのは次の日の夜このレストランに来てから。 KAPPELIN SALI (外観がとても美しいレストラ…

バルト三国はうますぎたその3 タリン

高速道路の運転中に携帯をいじりつづける運転手をみて死を覚悟した、ラトビアのリーガ・エストニアのタリン間の移動。 リーガがパステルの砂糖菓子でできた街だとしたら、タリンはきび砂糖と全粒粉でできている。 8月といえど、薄いダウンが必要なほど。 寒…

バルト三国はうますぎたその2 もう一度リーガ

前夜食べ過ぎて朝ごはんを抜き、昼は胃を守るために軽くおすし( 欧州一の鮨屋 - あるべき味)を。リーガ(ラトビア)の砂糖菓子のようにかわいらしい建物をみながら、夕食に向けて腹ごなし。 ふと入ったお店で、どくだみのようにパンチの効いた香りのオーガ…

ぺったんこもも

「夏になったらぺったんこの桃がでてくるんだけど、それが 美味しいんだよ〜亅イタリア在歴が長い友達が、まだ肌寒い時期に教えてくれた。おもいがけず食べごろ期間が長く続く苺を楽しみながら、そのときがくるのを待っていた。 ぺったんこの桃って想像がつ…

バルト三国はうますぎたその1 リーガ

半年以上過ごしたイタリアを出て、向かった先はバルト三国のまんなかの国ラトビア。 8月中旬のローマでは暑さにひいひい言っていたのに、リーガの空港に着いた途端、秋の気配を感じまくる。空港では物価が高そう?と心配したが、街へのバスが無料だったこと…

スウェーデンの仔牛のステーキ チェリーソース

あっっれは美味しかったな~~と、いまでも記憶を反芻して楽しんでいる一皿は、スウェーデンの端に位置し、コペンハーゲンと海を挟んで相対する街、マルメでいただいたもの。 ストックホルムで宿から駅までの所要時間を読み違え、大汗をかいてダッシュするも…

ヨーロッパ一の鮨屋はブリュッセルにあり

当時プラハに住んでいた友人が大絶賛し、名前の不思議さも相まって、強く印象に残っていたブリュッセルの鮨屋、山優 三辰(やまゆう さんたつ)。海鮮丼が有名らしい。 フィレンツェで一度だけ行ったSUSHI屋では、出稼ぎ風の外国人が握る酢飯が熱すぎてこれ…

Copyright (C) arubekiaji.com. All Rights Reserved.